blog

blog

6/4(土)オンラインシミュレーション「ゆめ風版避難所運営シミュレーション」2022. 05/16 (月)

「ゆめ風版避難所運営シミュレーション」(阪神高速株式会社「未来(あす)へのチャレンジプロジェクト」の助成プログラムです)

障害者と地域防災を考えるオンラインでのシミュレーションを開催します。
内容は、大地震発生したときに、近所の小学校が避難所となりますが、近所には高齢者や障害者、病人、こどもなど福祉的支援が必要な住民もたくさんいます。
いろいろな事情ある人への配慮も含めた<地域避難所>の運営について、考え・伝え合うシミュレーションとなります。
18952689_1561625407251283_9156283975730758300_n
日時:6月4日(土)午後2時から4時
定員:30名
参加費:無料

内容:住民の多様性を障害者目線から考える<地域での災害>
   地震発生時、小学校での避難所運営を障害ある住民も安心して過ごせるために開設時から校内の居場所確保、体育館でのプライバシーや体の負担にも配慮する避難所の運営を参加者でいろいろと想定しながら、話し合う「避難所運営シミュレーション」です。

講師:八幡隆司さん(ゆめ風基金)・BCP研究会メンバー

申込:認定特定非営利活動法人 ゆめ風基金(申込いただいた方に個別にZOOMアドレスをお知らせします)

   yahata@yumekazek.com

※締め切りは6月1日(水)となります。

ゆめ風版避難所運営シミュレーションは静岡の避難所運営ゲーム(HUG)にヒントを得て、学校の図面などをもとに障害者でも参加できる指定避難所開設の手順と障害者避難について考えるシミュ―レーションです。

重度講座(5月日曜コース)5/8・15・29 締切ました※5/3現在2022. 05/04 (水)

講座のチラシはこちら
講座カリキュラムはこちら

153043810_3697162013697601_7337946388541910432_n
<日時>
2022年5月8日(日)15日(日)29日(日) 午前9時から午後6時 
<会場>
日常生活支援ネットワーク 会議室 (大阪市浪速区敷津東3-6-10)
※地下鉄「大国町」3番より徒歩5分。南海「今宮戎」より徒歩3分。
<受講料>
18000円
<定員>
40名 ※先着順となります。
<申し込み>
氏名・ふりがな・住所・連絡先・生年月日・もしあれば所属事業所
を明記し、メールかFAX、TELでお申込みください。
<連絡先>
メール:p2party2@gmail.com TEL/FAX:06-6649-0455(担当:椎名保友)
<主催>
特定非営利活動法人 日常生活支援ネットワーク「パーティ・パーティ」
〒556-0012 大阪市浪速区敷津東3-6-10

重度訪問介護従業者養成研修は、初めて福祉に携わる人や介護保険・施設などから障害者の地域生活にかかわることになった人を対象にしたカリキュラムです。
福祉現場の現状や障害者福祉制度について。障害者の生活について。介助に携わる側の心構えやからだの使い方についての座学。
基本的な車いすの取り扱い。段差や砂利道での車いす介助の練習。立ち上がりや車いすからトイレなどへの移乗など身体介助の基礎演習。
最終日には、一日電車に乗り、まちへ出て、食事や買い物を行う車いす体験と演習を行います。
座学と演習終了後に、実際に障害ある方の生活にかかわる現場実習4時間を受講され、レポートを提出されますと「重度訪問介護従業者養成研修」の資格を取得することができます。

この「重度訪問介護従業者養成研修」を取得されていますと、肢体や体幹に重度な障害がある人たちの生活(自宅での支援と外出支援)に携わる「重度訪問介護」の業務を行うことができます。
lecture_schedule_01