blog

blog

<FMラジオ>KYOUTO HAPPY NPO~近畿ろうきんさんの提供2020. 10/29 (木)

去る10月22日に京都・三条にあるFM79.7 京都三条ラジオカフェにて収録。(10/25放映)
番組の紹介ページはこちら
近畿労働金庫 地域共生室の中須氏がコメンテーターをされている「KYOUTO HAPPY NPO」に出演しました。
内容は、もうすぐ東日本大震災から10年ということで、今年の「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」をオンラインでやること。
オンラインであってもやる意義。
被災障害者救援活動から地域に災害や避難所の在り方を考えてもらうプログラムなど、これまでの私たちの活動について紹介しました。

オンエアの音源はこちら

11/23「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」オンライン番組ご案内2020. 10/29 (木)

今年は、オンラインで3時間番組をつくります。
第11回「東北⇔関西⇒九州ポジティブ生活文化交流祭」
~まもなく10年・・つながりはどんな形でもずぅ~と続く~
開催:2020年11月23日(月祝)午後1時から午後4時

東日本大震災からまもなく10年。被災障害者救援活動は発災直後の応援からその後の往来までつながりを積み重ねてきました。
2010年代、東日本大震災・常総水害・熊本地震・西日本豪雨・大阪北部地震・大阪暴風雨。そして2020年代。
新型コロナウイルス感染拡大という新たな災害に包まれた世界。台風や水害、地震ももちろん起こる。こんな世の中だけど、できることをそれぞれの形でやっていきましょう。

DSCN2048

という思いを秘めて、今年の「ポジ祭」は、オンラインで3時間番組をつくります!!

被災障害者救援活動や「ポジ祭」に参加されているみなさんからのメッセージと全国の被災障害者救援活動の当時といまを繋ぎ合わせて、番組つくります。
☆こんな内容・・
・被災障害者救援活動やいざというときへの思いや実際の取り組み
・阪神淡路大震災、大阪北部地震や台風での被災体験
・災害への備え~うちはこんなことやっています。
・歌や踊り、一発芸でもいいです。
・新型コロナウイルス感染拡大下での活動や思い
・「ポジ祭」やつながることへのメッセージ

大阪の団体や全国各地で被災経験のある団体が、生出演や映像、メッセージでいまの状況や活動を紹介し合います。

当日のYoutubeアドレスはhttps://youtu.be/Zj1B0KVDnek
QR_851509

 
「この事業は令和2年度大阪府福祉基金地域福祉振興助成の交付を受けて実施しています。」
主催:「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」実行委員会
事務局:ゆめ風基金 日常生活支援ネットワーク
オンライン協力:大阪ボランティア協会  手話通訳:手話サークルわかくさ
近畿ろうきん 社会貢献基金(笑顔プラス) 寄付先団体プログラム

※詳しくは、事務局:日常生活支援ネットワークまでお問合せください。
TEL/FAX:06-4396-9189 gmail:pojitivematuri@gmail.com

今年の「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」遅々として進む2020. 10/21 (水)

122046009_3374206112659861_6828330149823675402_n
チラシのラフが届く。
細かい修正はこれからですが、11月頭にはみなさまのお手元に届くように頑張ります。
昨年に引き続き、ちまちま工房の永田千砂さんに依頼。

大阪ボランティア協会には、オンライン配信の技術サポートをお願いしています。
今日はyoutubeの11/23ライブ配信の準備。
122171722_3374206202659852_8523867942970085899_n

11/23のオンライン配信の案内はこちら

本日、10/21夜6時半より、実行委員会開催。
各団体さんの参加状況や番組構成について、話し合います。

次回12月重度講座(12/5・6・12)2020. 10/19 (月)

講座のチラシはこちら
講座カリキュラムはこちら

<日時>
2020年12月5日(土)6日(日)12日(土) 午前9時から午後6時 
<会場>
日常生活支援ネットワーク 会議室 (大阪市浪速区敷津東3-6-10)
※地下鉄「大国町」3番より徒歩5分。南海「今宮戎」より徒歩3分。
<受講料>
18000円
<定員>
40名 ※先着順となります。
<申し込み>
氏名・ふりがな・住所・連絡先・生年月日・もしあれば所属事業所
を明記し、メールかFAX、TELでお申込みください。
<連絡先>
メール:p2party2@gmail.com TEL/FAX:06-6649-0455(担当:椎名保友)

<主催>
特定非営利活動法人 日常生活支援ネットワーク「パーティ・パーティ」
〒556-0012 大阪市浪速区敷津東3-6-10

重度訪問介護従業者養成研修は、初めて福祉に携わる人や介護保険・施設などから障害者の地域生活にかかわることになった人を対象にしたカリキュラムです。
福祉現場の現状や障害者福祉制度について。障害者の生活について。介助に携わる側の心構えやからだの使い方についての座学。
基本的な車いすの取り扱い。段差や砂利道での車いす介助の練習。立ち上がりや車いすからトイレなどへの移乗など身体介助の基礎演習。
最終日には、一日電車に乗り、まちへ出て、食事や買い物を行う車いす体験と演習を行います。
座学と演習終了後に、実際に障害ある方の生活にかかわる現場実習4時間を受講され、レポートを提出されますと「重度訪問介護従業者養成研修」の資格を取得することができます。

この「重度訪問介護従業者養成研修」を取得されていますと、肢体や体幹に重度な障害がある人たちの生活(自宅での支援と外出支援)に携わる「重度訪問介護」の業務を行うことができます。
lecture_schedule_01

BCP研究会 「コロナ対策想定の福祉避難所運営シミュレーション」2020. 10/17 (土)

BCP~「被災時の障害者支援」研究会
コロナ対策想定での福祉避難所運営シミュレーション
22049909_1464846560262502_8648568136977586557_n
日時:2020年11月8日(日)午後1時半~午後4時
会場:大阪市長居障害者スポーツセンター会議室
定員:20名  参加費:無料

これまで私たち<BCP研究会>では、災害時の障害者支援の在り方について提言してきました。
そのなかでも地域との連携や理解、福祉事業所での障害者の避難生活想定を通じ、その人のプライバシーや障害対応に適した福祉避難所運営の勉強会を重ねてきました。
そんななか、感染症の拡大で「密から個々のスペース確保」という流れも出来つつあります。
個々のスペースや合理的配慮を考慮した対応として、福祉避難所運営はどのようなことが必要なのか。
みなさんと一緒に福祉避難所運営シミュレーションを運営してみます。

講師:八幡隆司さん(ゆめ風基金 事務局長)
22141081_1464846556929169_4428221333852321973_n

定員:20名  参加費:無料
申し込み:日常生活支援ネットワーク
TEL/FAX:06-6649-0455 メール:p2party@gmail.com 
大阪市ボランティア助成事業

重度講座、10月開講します(10/10・11・17)2020. 08/28 (金)

講座のチラシはこちら
講座カリキュラムはこちら

<日時>
2020年10月10日(土)11日(日)17日(土) 午前9時から午後6時 
<会場>
日常生活支援ネットワーク 会議室 (大阪市浪速区敷津東3-6-10)
※地下鉄「大国町」3番より徒歩5分。南海「今宮戎」より徒歩3分。
<受講料>
18000円
<定員>
40名 ※先着順となります。
<申し込み>
氏名・ふりがな・住所・連絡先・生年月日・もしあれば所属事業所
を明記し、メールかFAX、TELでお申込みください。
<連絡先>
メール:p2party2@gmail.com TEL/FAX:06-6649-0455(担当:椎名保友)

<主催>
特定非営利活動法人 日常生活支援ネットワーク「パーティ・パーティ」
〒556-0012 大阪市浪速区敷津東3-6-10

重度訪問介護従業者養成研修は、初めて福祉に携わる人や介護保険・施設などから障害者の地域生活にかかわることになった人を対象にしたカリキュラムです。
福祉現場の現状や障害者福祉制度について。障害者の生活について。介助に携わる側の心構えやからだの使い方についての座学。
基本的な車いすの取り扱い。段差や砂利道での車いす介助の練習。立ち上がりや車いすからトイレなどへの移乗など身体介助の基礎演習。
最終日には、一日電車に乗り、まちへ出て、食事や買い物を行う車いす体験と演習を行います。
座学と演習終了後に、実際に障害ある方の生活にかかわる現場実習4時間を受講され、レポートを提出されますと「重度訪問介護従業者養成研修」の資格を取得することができます。

この「重度訪問介護従業者養成研修」を取得されていますと、肢体や体幹に重度な障害がある人たちの生活(自宅での支援と外出支援)に携わる「重度訪問介護」の業務を行うことができます。
lecture_schedule_01

重度講座:8/22・29・30開催~次回は10月2020. 08/25 (火)

講座のチラシはこちら
講座カリキュラムはこちら

<日時>
2020年8月22日(土)29日(土)30日(日) 午前9時から午後6時 
<会場>
日常生活支援ネットワーク 会議室 (大阪市浪速区敷津東3-6-10)
※地下鉄「大国町」3番より徒歩5分。南海「今宮戎」より徒歩3分。
<受講料>
18000円
<定員>
40名 ※先着順となります。
<申し込み>
氏名・ふりがな・住所・連絡先・生年月日・もしあれば所属事業所
を明記し、メールかFAX、TELでお申込みください。
<連絡先>
メール:p2party2@gmail.com TEL/FAX:06-6649-0455(担当:椎名保友)

<主催>
特定非営利活動法人 日常生活支援ネットワーク「パーティ・パーティ」
〒556-0012 大阪市浪速区敷津東3-6-10

重度訪問介護従業者養成研修は、初めて福祉に携わる人や介護保険・施設などから障害者の地域生活にかかわることになった人を対象にしたカリキュラムです。
福祉現場の現状や障害者福祉制度について。障害者の生活について。介助に携わる側の心構えやからだの使い方についての座学。
基本的な車いすの取り扱い。段差や砂利道での車いす介助の練習。立ち上がりや車いすからトイレなどへの移乗など身体介助の基礎演習。
最終日には、一日電車に乗り、まちへ出て、食事や買い物を行う車いす体験と演習を行います。
座学と演習終了後に、実際に障害ある方の生活にかかわる現場実習4時間を受講され、レポートを提出されますと「重度訪問介護従業者養成研修」の資格を取得することができます。

この「重度訪問介護従業者養成研修」を取得されていますと、肢体や体幹に重度な障害がある人たちの生活(自宅での支援と外出支援)に携わる「重度訪問介護」の業務を行うことができます。
lecture_schedule_01

重度訪問介護従業者養成研修6月コースやってます。2020. 07/05 (日)

104682692_3035502989863510_7812967089846451533_o
【初。重度訪問介護講座をzoomと併用】
コロナ禍が激しかった4月は認められなかったzoomでの講座。
5月くらいから厚生労働省の方針が大阪府に伝えられ、講義の一部をzoomで配信することが認められる。
主催者がzoom内で受講生と常にやりとりできる環境であること。
演習や実技はもちろん不可。

とにかく本日歴史的な第一歩。
バタバタしながら、朝9時から夜6時までパソコンにへばり付いてます。

重度訪問介護講座6月コース(6/27・28・7/5)開講します。2020. 05/13 (水)

講座のチラシはこちら
講座カリキュラムはこちら

<日時>
2020年6月27日(土)28日(日)7月5日(日) 午前9時から午後6時 
★三密を防ぐため、28日(日)はレポート提出での参加も選択できます。

<会場>
日常生活支援ネットワーク 会議室 (大阪市浪速区敷津東3-6-10)

※地下鉄「大国町」3番より徒歩5分。南海「今宮戎」より徒歩3分。
<受講料>
18000円
<定員>
40名 ※先着順となります。
<申し込み>
氏名・ふりがな・住所・連絡先・生年月日・もしあれば所属事業所
を明記し、メールかFAX、TELでお申込みください。
<連絡先>
メール:p2party2@gmail.com TEL/FAX:06-6649-0455(担当:椎名保友)

<主催>
特定非営利活動法人 日常生活支援ネットワーク「パーティ・パーティ」
〒556-0012 大阪市浪速区敷津東3-6-10

重度訪問介護従業者養成研修は、初めて福祉に携わる人や介護保険・施設などから障害者の地域生活にかかわることになった人を対象にしたカリキュラムです。
福祉現場の現状や障害者福祉制度について。障害者の生活について。介助に携わる側の心構えやからだの使い方についての座学。
基本的な車いすの取り扱い。段差や砂利道での車いす介助の練習。立ち上がりや車いすからトイレなどへの移乗など身体介助の基礎演習。
最終日には、一日電車に乗り、まちへ出て、食事や買い物を行う車いす体験と演習を行います。
座学と演習終了後に、実際に障害ある方の生活にかかわる現場実習4時間を受講され、レポートを提出されますと「重度訪問介護従業者養成研修」の資格を取得することができます。

この「重度訪問介護従業者養成研修」を取得されていますと、肢体や体幹に重度な障害がある人たちの生活(自宅での支援と外出支援)に携わる「重度訪問介護」の業務を行うことができます。

重度訪問講座(4/19・25・26)終了。次回は6/27~7/52020. 05/12 (火)

※4月19日(日)25日(土)26日(日)+現場実習1日で開催。土日で3日間の開催をします。
チラシ表(講座情報)はこちら
チラシ裏(カリキュラム)はこちら

<日時>
2020年4月19日(日)25日(土)26日(日) 午前9時から午後6時 
<会場>
日常生活支援ネットワーク 会議室 (大阪市浪速区敷津東3-5-15 KSプラザ301号室)

※地下鉄「大国町」3番より徒歩5分。南海「今宮戎」より徒歩3分。
<受講料>
18000円
<定員>
40名 ※先着順となります。
<申し込み>
氏名・ふりがな・住所・連絡先・生年月日・もしあれば所属事業所
を明記し、メールかFAX、TELでお申込みください。
<連絡先>
メール:p2party2@gmail.com TEL/FAX:06-6649-0455(担当:椎名保友)

<主催>
特定非営利活動法人 日常生活支援ネットワーク「パーティ・パーティ」
〒556-0012 大阪市浪速区敷津東3-6-10

重度訪問介護従業者養成研修は、初めて福祉に携わる人や介護保険・施設などから障害者の地域生活にかかわることになった人を対象にしたカリキュラムです。
福祉現場の現状や障害者福祉制度について。障害者の生活について。介助に携わる側の心構えやからだの使い方についての座学。
基本的な車いすの取り扱い。段差や砂利道での車いす介助の練習。立ち上がりや車いすからトイレなどへの移乗など身体介助の基礎演習。
最終日には、一日電車に乗り、まちへ出て、食事や買い物を行う車いす体験と演習を行います。
座学と演習終了後に、実際に障害ある方の生活にかかわる現場実習4時間を受講され、レポートを提出されますと「重度訪問介護従業者養成研修」の資格を取得することができます。

この「重度訪問介護従業者養成研修」を取得されていますと、肢体や体幹に重度な障害がある人たちの生活(自宅での支援と外出支援)に携わる「重度訪問介護」の業務を行うことができます。

next