blog

blog

【BCP研究会】社会施設一泊避難所運営体験(8/25~26)2018. 06/08 (金)

22049909_1464846560262502_8648568136977586557_n

一泊体験チラシ表
一泊体験チラシ裏

災害時に体育館や公民館、福祉事業など社会的施設は多様な事情を抱えた人たちの避難場所となる。
公的な小学校などの地域が運営する避難所よりも、障がいある人により特化して対応を考える。
これまで、BCP研究会ではいろんな地域の福祉事業所を舞台に、災害時に福祉法人が利用者や近隣の障がいある住民の避難も含めてのシミュレーション
に取り組んできた。

今回は箕面市の体育館を使い、障がい当事者+支援者・関係者に近隣住民や企業からのボランティアも参加して80人規模の一泊避難所運営シミュレーション
を行います。
受付はどこでどうやるか?
体育館内での各々のスペースや通路の確保は?
それぞれの障がい事情に応じての対応は可能か、否か?

これらの避難所運営のイロハを参加者80人~おとなもこどもも障がいある人もみんなで考えながら、実践。
一晩一緒に体育館で災害想定することでいろんな発見ができます。

2018年8月25日(土)午後6時~26日(日)午前11時
会場:箕面市立萱野中央人権文化センター体育館 (箕面市萱野1-19-4)
定員:80人
参加費:無料

お申込みは上記チラシ裏面をご参照ください。
TEL・FAX:06-6649-0455
メール:p2party2@gmail.com(担当:椎名)

福祉コーディネーション勉強会&交流会(次回は6/20)2018. 06/04 (月)

福祉コーディネーションの基礎を学ぶ勉強会を2月より開催。
先日、3回目の勉強会と交流会を開催しました。
地域福祉における「公的制度とボランティア」とちまちま工房の永田千砂さんをお招きして「福祉現場からの伝え方」を。
終了後は、木津市場より鯛を購入しての鯛すきと鍋。
IMG_7425

次回は6月20日(水)「地域福祉と公的制度の功罪」について行います。

現任研修(ひやりはっと茶話会)行いました。2018. 06/04 (月)

毎月開催する「介助者現任研修」5月は「ひやりはっと」をいかに働いているみなさんが出しやすくなるか?
そのためのグループワークを茶話会形式で2回開催しました。
IMG_7431
介助現場での気付きや、どんなきっかけで介助を始めたのかなどを集まったみなさんで出し合っていただきました。
長年、かかわっている介助者のみなさんからは福祉制度が成り立っていない時代の話や、無茶ぶりされながらも振り回されることが楽しかったこと、
あらためて、介助現場での気付きとそれぞれの介助者の目線を確認しあえる機会となりました。