blog

blog

【いろんな働き方!!歓迎】障害者デイほっこり倶楽部の求人2017. 10/12 (木)

自宅で生活される障害ある人たちが、昼間集まり、みんなでごはんを食べたり、思い思いに過ごされる・・
「ほっこり倶楽部」はプログラムありきではなく、利用者それぞれが一人の人として日々を過ごされる場所です。
利用者も7~8人と少人数で、毎日が「今日はどうしますか?」から始まります。

働く人も子育て中の主婦層であったり、はじめて福祉を始める人やライフスタイルにあわせて週1や1日3時間くらい
など、それぞれの事情にあわせたスタッフ同士がお互いにフォローしながら活動しています。

picture

勤務地:大国町(大阪市浪速区敷津東3-6-10)
勤務日時:月~金の午前9時から午後5時。(祝日は休み)
働き方:フルタイムでもOK。週1からの勤務もOK。
上記の時間内で1日3時間以上勤務できる方。
時給:920円 自宅~事業所までの交通費全額支給
自転車での通勤も大丈夫です。

業務内容:同性介助を基本としています。
メンバーさん(身体障害・知的障害・視覚障害)の身体的な介助(食事・トイレなど・・入浴はありません)
メンバーさんの移動や活動の補助
メンバーさんとのおしゃべりやコミュニケーション
障害者デイ(生活介護)業務・・活動記録、調理、会場清掃など
年数回、遠足や発表、夜イベントも行ないます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

資格は特に問いません。無資格・未経験者の勤務できます。
月に一度のミーティングや定期的な研修にはなるべくご参加ください。
年に一度、健康診断を行ないます。

スタッフによる研修を随時行いながら、お仕事に慣れていただけたらと思います。

お問合せ:日常生活支援ネットワーク「ほっこり倶楽部」(担当:椎名・松永)
メール p2party2@gmail.com 電話 06-6649-0455(パーティ・パーティ内)
「ほっこり倶楽部のことでとおっしゃってください」

event_img011

特定非営利活動法人日常生活支援ネットワーク「ほっこり俱楽部」
〒556-0012 大阪市浪速区敷津東3-6-10
メール p2party2@gmail.com 電話 06-6649-0455(パーティ・パーティ内)

【11/23長居公園】東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭2017. 10/08 (日)

★今年も開催します「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」
2017年11月23日(木祝)午前11時から午後4時  大阪市立長居公園自由広場
 ~今年のテーマは『いろんなつながりをつくる』
  東北のこともまだまだ応援していく 九州にも足を運ぶ。
  いつでもどこかで誰かとつながることができる~
IMG_7604
IMGP8034

 関西と東北、そして九州の障がい者と支援者が年に1回集まり、来場者も巻き込みながら 出展や交流をするお祭りです。
2011年から開催し、今年は第8回目。
 東北や九州で被災された障がい当事者やその家族、支援者を大阪にお招きし、関西で被災地支援や障がい者支援に携わっている私たち60団体がブースやイベントを出展して、食べたり、しゃべったり、近況を報告しあうお祭りです。
 例年、3000人以上の来場者が来られます。
 ず~っと続けていく被災障がい者支援を今年も一緒に交流して、引き続きしていきます!
 

■場所
 大阪市立長居公園自由広場 (大阪市東住吉区長居公園1-23)
 地下鉄御堂筋線 長居駅 徒歩5分

■ひと言メッセージ
 出展者も来場者も運営スタッフもボランティアも一緒に盛り上がるイベントです。
 「地域も立場も越えてみんなが知り合うことが、災害というときに大きな力となる」という思いから開催しています。
 
 %e6%9d%b1%e5%8c%97%e2%87%94%e9%96%a2%e8%a5%bf4

■問合せ・主催
 「東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭」実行委員会
 事務局 日常生活支援ネットワーク(担当:椎名)
 住所 大阪市浪速区敷津東3-6-10 
 電話&FAX 06-4400-4387
 E-MAIL p2party2@gmail.com

BCPのつくりかたワークショップ(12/17日午後2時~4時半)2017. 10/07 (土)

BCPプログラム 災害発生時の障害者支援<事業別>シミュレーション「BCPのつくりかた」
12月17日(土)午後2時~4時半
会場:大阪社会福祉指導センター4階研修室(大阪市中央区中寺1-1-54)
交通:谷町六丁目駅より徒歩5分・谷町九丁目駅より徒歩10分
参加者:50名
参加費:無料
大阪コミュニティ財団「山口淑子友愛基金」助成事業

災害が発生したとき、障害や様々な事情を抱えた人たちを障害者支援事業はどう支えていくことができるのか?
できること・できないこと・時間の経過と共に変化していくこと。
最低限のものしかない災害の下、障害ある人にとってどのような困難に陥るのかを想定しながら、
障害者支援に携わる法人・事業所が自分のところで出来ることの確認。
ここまでは出来るようにしておきたいことの整理。

これらを「BCP~ビジネスコンティニュープラン 災害時事業継続計画」と言います。
この障害者支援事業版をつくっていけるために、大阪・京都で障害者支援や障害者の災害時についての取り組みをしているメンバーが集まり、阪神淡路大震災以降、被災障害者救援活動に取り組んでいます「ゆめ風基金」の八幡隆司さんと一緒に毎月、学習会をしております。
12417878_989983781082118_1633897469872508608_n11041223_862329417180889_7661730205921695727_n

今回は、<居宅><日中活動><施設&グループホーム><相談支援><中間支援>など障害者支援に携わる参加者が事業別に分かれて、それぞれの「BCPのつくりかた」を学んでいただくプログラムとなっております。
支援事業に携わっていない方の参加や見学もOKです。
IMG_5929

【11/23 東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭】説明会開催2017. 09/08 (金)

今年も開催します「第8回東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」キックオフ会議

東日本大震災で被災障害者支援や東北への応援をしてきた人たちや団体が集まり、毎年11月23日に開催してきました
「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」も第8回目となります。
例年60の団体、3000人~5000人の来場者、被災された東北や熊本の障害者やかかわる人たちも出展して、関西の人たちに
いまの被災地や障害ある人の暮らしを伝えてくれます。

いろんな人がそれぞれの地域でそれぞれの暮らしや活動をされている。
そのなかで障害があることや被災したこと、そのことへの応援したいという人の気持ち・・
年に1回でもみんなで顔を合わせることが、これからどこかで何かあったときにも誰かが生きていくうえで力になれる。
そんな思いから開催してきました「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」の事前説明会を8月30日に行ないました。
21317676_1446209035459588_1789932653473434839_n

被災障害者救援活動ゆめ風基金の八幡さんから「救援本部会議」として、東北や熊本の現在の支援や復興状況。この前起こった九州の豪雨被害の現地状況の報告を頂きました。
その後、この日参加された19団体37人のみなさんから今年の参加抱負と出展予定内容を発表していただき、主催の椎名より今年の予定や質疑応答ではステージについてなど、充実した1時間となりました。

21317905_1446209042126254_7566807119837798912_n

次回は、10月11日(水)19時~20時 当法人事務所にて出展者説明会を開催します。
当日運営の具体な内容の報告と出展者同士の交流を含めて行ないますので、出展者はもちろんボランティアでかかわってみたい人の参加も歓迎します。

まちなか被災シミュレーション@川西市で2月25日(土)開催しました2017. 03/01 (水)

<まちなか被災シミュレーションは避難訓練ではなく、互いの配慮と気づきに重点を置いています。>
まちなかには障害だけではなく、いろんな事情を抱えて暮らしている人たちがたくさんいます。
それが出るのが災害であり、また被災状況によっては怪我をしたり、土地勘ないところで右往左往するかもしれない。
いざというときにみんながどうにかなるためには・・「自分目線から都市生活と避難を考える。他者の目線でまちを見直すきっかけをつくる」
%e3%81%be%e3%81%a1%e3%81%aa%e3%81%8b%e6%a2%85%e7%94%b0

日時:平成29(2017)年2月25日(土)13時〜16時30分

集合:阪急宝塚線「川西能勢口」西改札口(12時30分より受付)

定員:15人

参加費:500円(中学生以下、ガイドヘルパーの方は無料)

主催者と申し込み先「川西市市民活動センター・男女共同参画センター」
(メールアドレス info@gesca-kawanishi.jp  までよろしくお願いします。)

「まちなか被災シミュレーション」Facebookページにて、開催状況はこちら

東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭開催レポート!2016. 12/02 (金)

【東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭 報告】
2016年11月23日(水祝)第七回となります東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭、無事開催することができました。
寒空ながらも毎年恒例の雨は降らず、3000人もの多くの皆さまが参加。当日会場に置いた被災障害者救援募金にも17万円を超えるご協力を頂きましたことを、この場を借りてご報告いたします。
阪神淡路大震災から立ち上がった関西での被災障害者を支えるつながりが、東日本大震災を経て、東北のみなさんとつながり、この4月に起きた熊本地震。
わたしたちができることで、声をかけあい、出向ける人は出向き、出向けないけど心を配る。
そんなことを年に1度確認しあうことができたらとこのお祭りを続けております。
この大阪で熊本のメンバーと直前の22日に地震と津波が起きたましたが、どうにか来阪してくれた石巻や南三陸メンバーが出会うこと。
大阪から被災地支援にかかわったいろんな人たち同士が出会えること。
そして多くのいろんな顔が再会しあうこと。
今年も素敵な「ポジ祭」になりました。
また来年もよろしくお願いします。
ありがとうございました。
※前夜からいろんな人が集まり、酒盛りが始まる親戚の集まりのような濃さもあり、誰かがふらっとやってきて走りまわってもそれもOKなゆるさもある。
今年もいい祭りでした♪

【パーティ・パーティ一泊体験】災害時に事業所ができること 1月28日(土)29日(日)2016. 12/01 (木)

BCP研究会Vol.6 福祉事業所一泊プログラム
「パーティ・パーティは都心の地域で災害時、どのように場をひらくことができるか」
2017年1月28日(土)午後6時~翌29日(日)正午
会場:日常生活支援ネットワーク事務所 大阪市浪速区敷津東3-6-10(地下鉄大国町駅③より徒歩5分)
定員:20名 途中参加、途中入場あり
参加費:無料
申し込み:p2party2@gmail.com TEL&FAX 06-4400-4387
日常生活支援ネットワーク 担当:福田・椎名
14088631_1081894055224423_8238860437231435169_n

2017年冬のある夕方に大地震発生。
大阪の中心部、住宅街で障害者支援をしている「パーティ・パーティ」
昭和30年代に大手保険会社ビルとして建てられた3階建て。
1階が生活介護(障害者デイサービス)として、普段8人の利用者さんが来所。
2階が障害当事者スタッフが10人勤める相談支援事業所。
3階が、スタッフ20名が働くヘルパー派遣事業所(時間帯によっては室内にいるスタッフは5人程度)

被災時に事業所としてどう機能させることができるのか?
かかわる利用者やスタッフの避難や生活への影響と対応は?
福祉法人として、地域の社会機関としての役割を担うことができるのか?
全国的なネットワークとつながる現状を活かしての、被災地福祉センターとしての運営はどうなのか?

・・・・まずは無事に建物から関係者が無事に避難することは?そして3日間留まることは可能なのか?
災害があったときに、障害者支援法人として「できること・求められていること・問われること」
実際に、事業所へ一泊しながら「この事業所でなにができるのかを参加者のみなさんと考えていく長時間プログラムです。