blog

blog

11/23「ポジ祭」当日プログラムと団体紹介リスト2021. 11/18 (木)

<プログラム>
13:00~13:05  漫才くるみぼーい(大阪市住之江区:自立生活夢宙センター)
13:05~13:15  開会のあいさつ等
         ・阿部俊介(ゆめ風基金)
         ・中須雅治(近畿ろうきん)
13:15~13:45  zoom報告「ずっと被災地じゃない。2021年現在進行形のいま」
         ※過去に自然災害を受けた団体さんに、風化させないことと同時に現在、どうなったのかを報告していただく。 
         ・太齋京子(宮城県登米市:奏海の杜)
         ・長谷川秀雄(福島県いわき市:いわき自立生活センター)
         ・野尻健司(熊本県熊本市:くまもと障害者労働センターおれんじ村)
13:45~14:00  動画紹介&トーク 動画紹介とチャットを受けて、答えるトーク。
         ・自立生活センタースクラム(大阪市大正区)
         ・LINKUPJAJA<リンコップジャジャ>(大阪)

14:00~14:25 日本縦断!!被災障害者救援活動ウルトラクイズ
        〇×形式でzoomクイズ大会。正解者は画面に残る。不正解は映像オフにする。
14:25~14:30  ゆめ風基金よりあいさつとPR

14:30~14:45  zoom報告「コロナで大変だった団体さん、その経験を語る」
         ※この2年、感染拡大を受けて、実際に感染者が出たり、生活や活動、支援に大きな支障が出た団体さんの体験報告。
         ・石井香里(大阪市生野区:出発<たびだち>のなかまの会)
         ・福田悠介(大阪市浪速区:日常生活支援ネットワーク)

14:45~15:05  zoom報告「近況報告~全国各地から双方向!!」
         ・須賀智也(愛媛県松山市:自立生活センター松山)
         ・山本和美(愛媛県吉田町:吉田町手をつなぐ育成会)
・CILだんない(滋賀県長浜市木ノ本)
         ・多田伸志(岡山県真備町:マインド「こころ」)

15:05~15:40 こんなときだからこそ、誰かとしゃべる
「大変だけど前を向いて、これまでのことからこれからのこと」
Zoomで分割して5人くらいのチームとなり、30分弱おしゃべり。
最後に「これからのこと」をチームごとにボードを書いてみる。(代表者or全員)

15:40~15:55 歌&ステージ
         ・シャーシーバンド
         ・加納浩美
15:55~16:00 エンディング
         ・閉会あいさつ~柿久保浩次(日常生活支援ネットワーク)
         ・手話あいさつ~手話サークルわかくさ            午後4時終了予定

<映像紹介>
・ワークセンターとよなか
大阪府豊中からコロナの中でもポジティブな作業所の活動を明るく前向きな映像で。頑張っています!!

・ぽんてぽんて
大阪市西区の小さくてポップでキッチュな作業所よりくすっと嬉しくなるメッセージ。

・ちゅうぶ
街の中には障害当事者が伝えないと変わらないことがある。ちゅうぶの取り組みに触れて下さい。

・アトリエコーナス
大阪市阿倍野区から来年こそはステージでやるぞ!!その思いを込めた全力歌&ダンスで元気になれます。

・堺チャレンジャーズ
高次脳機能障害のメンバーで防災士と組み、自分たち目線と地域防災を組み合わせた活動を紹介。
https://youtu.be/4qSm8TuVl-4  https://youtu.be/ii5yRU7gS7w もご参照ください。
・自立生活センタースクラム
大阪市大正区より。例年なら障害当事者や近所の人とわいわいしているが・・そのエネルギーを映像に。

・出発<たびだち>のなかまの会
大阪市生野区から「ポジ祭」へのそれぞれの思いを言葉で伝える。みんなで集まりたいね、会いたいね。

・LINKUPJAJA<リンコップジャジャ>
僕らの仲間、永村さんが長く関わるジャマイカで障害者の居場所をつくる活動や職人さんの製品を紹介。

・日常生活支援ネットワーク
大阪市浪速区からそれぞれがメッセージを発信。まとまりはあるだろうがバラバラ個性の集まり。

・奏海の杜
宮城県登米から震災後から障害あるこどもたちや若い世代が集まり、育む活動はいま、こうなんです。

・シャーシーバンド
九州の言葉で「しゃあしい」が語源な個性あふれるメンバーが賑やかに自分たちの思いを歌い上げる

・くるみぼーい(自立生活夢宙センター)※11/23 午後1時公開
おかんが云うには・・それ、ポジキャンやろ!! ポジ祭に来たことある人なら絶対、伝わる。そんな漫才です。

「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」の前日、11月22日より全団体さんの映像が観られます。
いまは、みなさんからの映像ダイジェスト版を上げています。
ぜひみなさん、こちらポジ祭チャンネル
からご覧ください。チャンネル登録するとより見やすくなります。
11/23本番の映像も後日こちらのチャンネルから視聴可能です。

11/23 今年はzoomで「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」2021. 11/18 (木)

テーマ「今年もなんとかやってます」
247113003_4406235422790253_2414993715927110200_n
チラシデータ

第12回「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」
テーマ:今年もなんとかやってます。
日時:2021年11月23日(火曜)午後1時から午後4時
当日プログラムと団体紹介はこちら
Zoomにて、みんなでつながりながら、開催します。
<定員>200名 ※システムの関係で定員を設定し、要申し込みとなります。
YouTubeでご覧になる方は、こちらをクリック。

「今年もなんとかやってます」
本来ならば、長居公園に大勢集まって、食べて飲んで喋って遊んで・・関西の障害者団体のみんなや東北⇔関西⇔九州からのみなさんが一堂に会して、旧交を温めてきたのですが。
昨年に引き続き、この新型コロナウイルス感染拡大の影響でなかなかリアルに集まることが叶いません。
この1年を振り返り、実際に感染された方も僕らの仲間にもおります。
日々の生活や介助、団体の運営にも多大な影響を受けながらもみなさんどうにかやってきているかと存じ上げます。
今年で東日本大震災から10年の月日が経ちます。関西からの被災障害者救援活動でみんなが動き、集い、一緒に活動を共にし始めてから10年。「東北⇔関西」も10年。そして忘れもしません。大阪・扇町公園にみんなが一堂に会した第一回「東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭」の熱。
10年前、こんな未曾有な最中にお祭りですかと言われながらも、東北各地から「お祭りに参加したい」という声を続々と届き、多くのみなさんから善意と熱意を受けながらの開催。
いま改めて言えるのは、このお祭りを始めてよかった。それから10年、続けてきてよかった。
この10年、全国で発生した自然災害ではゆめ風基金の被災障害者救援活動として、支援する・されるではない~つながりあう関係性つくりを大切にしてきたとも思っています。
どんな形でもつながろう。各地の災害から月日が流れたなかでみなさんの活動がいまどうなのでしょうか。大阪の僕らも3年前に大阪北部地震や台風による大水害を経験しました。そしていま、この新型コロナウイルスの影響。それでも日々の活動をいろんな思いを抱きながら、奮闘しています。
そんないまを「今年もなんとかやってます」をテーマに報告したり、お喋りしたり<⇔双方向>の関係性をオンラインでつながりながらの試みで第12回「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」を開催いたします。

<主催>「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」実行委員会
<事務局>認定NPO法人 ゆめ風基金/特定非営利活動法人日常生活支援ネットワーク

〒556-0012 大阪市浪速区敷津東3-6-10 TEL・FAX:06-4396-9189
メール:pojitivematuri@gmail.com
<助成>阪神高速道路株式会社 「未来(あす)へのチャレンジプロジェクト」
<協力>近畿労働金庫 ジェイアイシーウエスト株式会社
<手話通訳>手話サークルわかくさ  <デザイン>永田千砂

阪神高速道路株式会社 未来(あす)へのチャレンジプロジェクト<助成に選考されました>2021. 09/16 (木)

「地域防災を障害当事者や福祉サービスも交えて考えるcovid-19の時代 」
というタイトルで、以下のようなテーマで障害者と市民社会をつなぐ地域福祉の在り方やネットワークつくりについて、プロジェクトを行ないます。
<テーマ>
災害で取り残される多様な当事者(障害者・高齢者等)によるコロナ禍で起きていることの証言・検証を基に、平時から地域・市民・当事者・支援者が繋がる機会つくりに取り組む。
11800289_863879240359240_8934033381487401798_n

今回の助成金事業は、阪神高速道路さんが初めて行われるプロジェクトです。
SDGsの理念からあらゆる人たちが、将来にわたって安全・安心に暮らしていけるための取り組みで、3つのテーマ(①安全・安心なまちづくり、②持続可能な環境づくり、③次世代を担う人づくり)に沿った事業プランを募集。
特に、創意工夫があって、チャレンジ精神旺盛なプランを応援しますという概要となっていました。
関西の各分野で取り組まれるトップランナーの団体さんたちと一緒に選考していただいています。
他の助成団体さんの取り組みも興味深いので、下記アドレスをリンクしてみます。
阪神高速道路株式会社 未来(あす)へのチャレンジプロジェクト2021.9.16

11/23「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」開催どうしよう2021. 09/09 (木)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この写真から10年経つんですね・・「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」
今年も11/23に開催いたします。
東日本大震災を契機に障害ある人たちが災害時にどれだけ過酷な状況に置かれるのか。
そのことを少しでも知っていただき、いざというときにつながりあえる人間関係をつくりたい。
この思いで10年いろいろな形で行なってきました。
10年前は「東北⇔関西」でしたが、常総市の水害や熊本地震などをはじめ全国各地で災害が起こり、その応援に駆けつけて。
各地でそれぞれがつながり・・「東北⇔関西⇔九州」という名称に変更しました。

昨年からの新型コロナウイルスの感染拡大で直接会い、賑わいながら、集まることは難しくなりました。
でもオンラインでのつながりが一般化されていくなか、遠方の人や家から出かけることが厳しい人とも一緒の時間を共有する方法が出来たのは大きな収穫でした。
今年も障害当事者、支援のみなさんがこんな世の中ですが、それぞれ現在どうなのかを近況報告していただく。
被災地が東日本大震災からであれば10年。それぞれの災害でも現状どうなのかを発信していく。
映像でもライブでも何が出来るかをこれからみなさんと考えていきます。

実行委員会を9/17(金)午後6時半から午後8時まで開催します。
全国各地からzoomでの参加もできます。(被災障害者救援活動ならびに「ポジ祭」へ関心ある方に限りますが)
関心ある方は、pojitivematuri@gmail.com までご相談ください。

今回は「阪神高速未来へのプロジェクト」の助成事業にも選ばれました。
近畿ろうきん「笑顔プラス」寄付先団体として、被災障害者救援活動の連携へのコーディネーションに努めていきます。

2/21 被災障害者救援活動~東日本大震災から10年。2021. 01/08 (金)

東日本大震災から10年
東北の現状を聞いて、関西の僕らは何ができるのか
【まだ終わっていない。もっともっと現状を知りたい!!】
チラシはこちら

まもなく東日本大震災から10年が経ちます。あれから10年、現地は復興をしたのか。何がどう変化して、何が変わらず、何が戻らなかったのか。
震災直後から被災障害者救援活動に取り組んだ関西のみなさんともこの10年を振り返りながら、東北のみなさんにいま出来ることはあるのか?
関西のみなさん、東北のみなさんとこれから一緒に取り組めることがあれば、どんなことができるだろうか?
東北各地のゲストに関西の僕らから色々と質問をする2時間半です。

2021.2.21(日)午後1時半~午後4時
大阪府教育会館(たかつガーデン)3Fたかつ西

東北からのゲスト 
<福島>
青田由幸さん 南相馬:サポートセンター・ぴあ
白石清春さん 郡山:あいえるの会
<宮城>
箕田朗子さん 障がい者ベース石巻にょっきり団
太齋京子さん 南三陸・登米:奏海の杜
<大阪>
阿部俊介さん 石巻・大阪:ゆめ風基金

定員:30名
ZOOM参加もできます。下記までお申し付けください。手話通訳/要約筆記あり

<運営>
 被災障害者救援活動BCP研究会
<主催>
日常生活支援ネットワーク
<TEL/FAX>06-4396-9189
<メール>pojitivematuri@gmail.com

<長文>「まちなか被災シミュレーション」inほっこり倶楽部2020. 12/22 (火)

【滞留者の多様性:まちなか被災シミュレーション〜障害者デイの避難想定】
僕らがやってきたのは、自分の住んでいる地域ではなく都市に出かけていて災害に遭遇したらと災害があると日頃の生きづらさが顕在化してくることへの考察です。
2011年、東日本大震災を受けて、まちなか被災シミュレーションは大阪の障害当事者や支援者、災害支援・ボランティア・地域にかかわる有志がユニットを立ち上げ、始まりました。
10年近くやってきて今回、自分たちの活動で浮かんできた言葉が「滞留者の多様性」
まずうちの法人・事業所である「パーティ・パーティ」を紹介すると、難波と通天閣の間にある大国町という大阪のど真ん中にあります。
うちの利用者はこの近隣地域ではなく、大阪市全域に点在。
職員は大阪市外の近郊に住んでいる者も少なくありません。
要はうちは地域住民を対象にした福祉法人ではなく、障害者の生活というテーマ型なのです。
さてうちには「ほっこり俱楽部」という生活介護(障害者デイ)がある。
利用者は10名。半分は半径2㎞圏内だが残りの人は車で30分圏内在住である。
職員は主婦・フリーターが主で電車で30分から1時間の範囲から通勤している。
こんな「ほっこり俱楽部」で大地震が発生した場合に起こりうることとは・・で、今回の「まちなか被災シミュレーション」を開催しました。
建物が老朽化のため、災害発生時に法人内に留まるということは出来ない。
まずは建物を出て、10数名の地域住民ではない集団が自分たちの身を置けるスペースを求めて動く。
近隣の小学校・・徒歩、3分のところにある。
近隣の公園・・徒歩1分。
しかし、津波を想定した場合は海抜2mの地域であることを想定し、周辺の団地屋上の駐車場や市場の屋上駐車場を目指す。
通常、車が屋上へ上がるところを車いすでも行けるかどうかを今回検証。
131673793_3528217037258767_5487312666039502091_n
急な角度とはいえ、なんとか押し上げることは出来た。
電動車いす(100kg+本人)も男性なら手動でも押しあげられる。
立体駐車場はたいへん広く、一旦避難するにはいいのかもしれない。(うちも月極で借りているので部外者ではない)
ただ寒いため、雨風を防げるわけではない。
131630363_3528217083925429_1758597616762276379_n (2)
そこから広域避難所である地域の小学校を目指したいのだが、自分たちが行っても居場所があるだろうか。
またこの地域は長年この地域で暮らしている住民よりも賃貸で住んでいる人や団地で福祉を受けながら暮らしている高齢者。
うちのような仕事として昼間に勤めで来ている人。
横に大きなコンサートホールがあるのでそこの観客。
正に<滞留者の多様性>なのである。
この区の地域活動コーディネーターが参加されていて、ある有力なヒントを出していただく。
隣の小学校が一昨年廃校になった。
小学校自体は避難所ではなくなった。
で・・その近くに新しく出来た広く大きなホテルが指定避難所になっている。
131659016_3528216993925438_92786225811514799_n
新しいホテルだからバリアフリーだし、寝ることやプライバシー~部屋や毛布・寝具の確保、備蓄もあるのではと推測。
このこと、地域の人らは周知されているのだろうか・・と思いながらも、みんなで徒歩10分かけて到着。
ホントはこの避難後、利用者家族や職員家族と連絡を取るか。
地震が収まった後、どういう風に僕らは帰宅の段取りを組むのか。
僕ら以外の災害発生時にたまたまこの地域に滞留している人たちはどうなのか。
地域で単身高齢者など避難やその後に支障や事情ある人はどうなんだろう。
などなど、気になる点は数限りなくありましたが、そんな視点や気づきを持てる「まちなか被災シミュレーション」
次回は・・新型コロナウイルス感染拡大で話しが止まっている此花区でやりたいし、呼んでいただけたら地域ベースでも福祉事業所ベースでも企業や学校の研修でも・・いろんな「まちなか被災シミュレーション」をぜひ一緒にやりましょう♪

11/23「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」オンラインご案内2020. 11/23 (月)

今年は、オンラインで3時間番組をつくります。
第11回「東北⇔関西⇒九州ポジティブ生活文化交流祭」
~まもなく10年・・つながりはどんな形でもずぅ~と続く~
開催:2020年11月23日(月祝)午後1時から午後4時

東日本大震災からまもなく10年。被災障害者救援活動は発災直後の応援からその後の往来までつながりを積み重ねてきました。
2010年代、東日本大震災・常総水害・熊本地震・西日本豪雨・大阪北部地震・大阪暴風雨。そして2020年代。
新型コロナウイルス感染拡大という新たな災害に包まれた世界。台風や水害、地震ももちろん起こる。こんな世の中だけど、できることをそれぞれの形でやっていきましょう。

DSCN2048

という思いを秘めて、今年の「ポジ祭」は、オンラインで3時間番組をつくります!!

被災障害者救援活動や「ポジ祭」に参加されているみなさんからのメッセージと全国の被災障害者救援活動の当時といまを繋ぎ合わせて、番組つくります。
☆こんな内容・・
・被災障害者救援活動やいざというときへの思いや実際の取り組み
・阪神淡路大震災、大阪北部地震や台風での被災体験
・災害への備え~うちはこんなことやっています。
・歌や踊り、一発芸でもいいです。
・新型コロナウイルス感染拡大下での活動や思い
・「ポジ祭」やつながることへのメッセージ

大阪の団体や全国各地で被災経験のある団体が、生出演や映像、メッセージでいまの状況や活動を紹介し合います。

当日のYoutubeアドレスはhttps://youtu.be/Zj1B0KVDnek
QR_851509

チラシのデータはこちら
番組表は
 
「この事業は令和2年度大阪府福祉基金地域福祉振興助成の交付を受けて実施しています。」
主催:「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」実行委員会
事務局:ゆめ風基金 日常生活支援ネットワーク
オンライン協力:大阪ボランティア協会  手話通訳:手話サークルわかくさ
近畿ろうきん 社会貢献基金(笑顔プラス) 寄付先団体プログラム
ジェイアイシーウエスト(株)

※詳しくは、事務局:日常生活支援ネットワークまでお問合せください。
TEL/FAX:06-4396-9189 gmail:pojitivematuri@gmail.com

番組表完成・11/23「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」2020. 11/22 (日)

<今年度のポジ祭はオンラインで行ないます。>
あと1週間足らずで当日を迎える「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」
40団体を越えるみなさまから映像やメッセージ、zoomでの出演。
今年できるカタチでつながる。今年できるカタチを残す。
ようやく番組表出来上がりました。

第11回「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」 進行表

13:00 オープニング 
実行委員長あいさつ/司会あいさつ/近畿ろうきんあいさつ/運営あいさつ
13:15 被災地のいま
<zoom>各地の団体が参加・・自立生活センター神戸Beすけっと・奏海の杜・しんせい
13:40 <メッセージ紹介>
1:障がい者ベース石巻にょっきり団 2:コーヒータイム  3:なこそ授産所  
4: ふよう土2100 5:アクセスホームさくら 6: 岡山マインド「こころ」7:くまもと障害者労働センター
14:00 <zoom>
  大阪北部地震・・ぽぽんがぽん  大阪府域台風・・自立生活センター・いこらー
<ゆめ風基金>ゆめ風基金の思い・募金のお願い

14:15 第二部:「東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭」や被災障害者救援活動にかかわった団体紹介
    <zoom>出発のなかまの会
    <映像:団体紹介1>
   加藤さん・出発のなかまの会・ゆうのゆう・ぽんて・ぽんて・ハートフル大東・
   チームかなこ・シャーシーバンド
14:40 <会場でやりとり>被災障害者救援活動に行った面々のおしゃべり 
    <映像:関西実行委員会>
     自立生活夢宙センター・自立生活センター・ムーブメント
14:55  <会場でやりとり>ももくり送迎基金
   <映像:団体紹介2>
  アトリエ・コーナス・自立生活センターやお・ユイハート・
  ドリーマーぷくぷく・大阪保健福祉専門学校
15:10  <出展団体からのコメント紹介>
1:生野共働の家こさり 2:シルバーアドバイザーネット大阪 3:大阪府社会福祉協議会
4:労働と人権サポートセンター・大阪 5:エフ・エー 6:くるくる笑ミッション 7:互楽会
8:みんなでハッピーキャンプ神戸地区実行委員会 9:ワークセンターとよなか

15:25 <映像:団体紹介3>
真っ向勝負・自立生活センター・スクラム・自立生活センター・あるる・フレンドリーパル・ちゅうぶ
    
15:50 <映像:音楽>シャーシーバンド・加納浩美さん
16:00    閉会のあいさつ

番組プログラムPDFデータはこちら

BCP研究会 「コロナ対策想定の福祉避難所運営シミュレーション」2020. 10/17 (土)

BCP~「被災時の障害者支援」研究会
コロナ対策想定での福祉避難所運営シミュレーション
22049909_1464846560262502_8648568136977586557_n
日時:2020年11月8日(日)午後1時半~午後4時
会場:大阪市長居障害者スポーツセンター会議室
定員:20名  参加費:無料

これまで私たち<BCP研究会>では、災害時の障害者支援の在り方について提言してきました。
そのなかでも地域との連携や理解、福祉事業所での障害者の避難生活想定を通じ、その人のプライバシーや障害対応に適した福祉避難所運営の勉強会を重ねてきました。
そんななか、感染症の拡大で「密から個々のスペース確保」という流れも出来つつあります。
個々のスペースや合理的配慮を考慮した対応として、福祉避難所運営はどのようなことが必要なのか。
みなさんと一緒に福祉避難所運営シミュレーションを運営してみます。

講師:八幡隆司さん(ゆめ風基金 事務局長)
22141081_1464846556929169_4428221333852321973_n

定員:20名  参加費:無料
申し込み:日常生活支援ネットワーク
TEL/FAX:06-6649-0455 メール:p2party@gmail.com 
大阪市ボランティア助成事業

【3/29BCP研究会~少人数制で開催】2020. 03/18 (水)

【BCP研究会 学習会~少人数制で開催いたします。】

2020年03月29日(日)午後2時から午後4時
場所:日常生活支援ネットワーク (大阪市浪速区敷津東3-6-10)
最寄り駅:地下鉄大国町駅 3番出口(EVは5番出口)
定員:15名 ※事前申し込み制
参加費:無料

立木先生に聞こう!!現場の本音
災害現場で地域福祉は実際どうなるなるのか?
災害弱者や災害時要援護者という言葉があるが、
どこまで支援や配慮をされているのか?
大分県など全国各地で災害時の個別支援計画を進めている
立木茂雄教授(同志社大学社会学部)をお招きして、
この災害時の個別支援計画はもちろん、それ以外にも
どんなことが必要と感じられているのか。
いろいろみんなで出し合いながら、立木先生に聞いてみる。

チラシはこちら

問い合わせ先
「パーティ・パーティ」TEL・FAX:06-6649-0455  メール:p2party2@gmail.com
大阪市ボランティア振興基金助成事業

next